住宅ローンと年収比率(デフレの現在)住宅ローンと年収

| コメント(0) | トラックバック(0)
住宅を購入するに当たって、判断材料となる項目はいくつかあると思います。

例えば、立地条件、面積、日当たり、施設、周りの環境……それらを総合して、自分の住みたい家であるかどうかを判断する事になります。

そして いまは下がることも念頭に置かなければならない時代です。

人生最大の買い物といわれる住宅(ローン)もそうですね。

人と人をつなぐFPさんが、 「住宅ローンと年収比率」について書かれています。

↓応援クリックお願いいたし そして住宅を購入するに当たって、判断材料となる項目はいくつかあると思います。

例えば、立地条件、面積、日当たり、施設、周りの環境……それらを総合して、自分の住みたい家であるかどうかを判断する事になります。

年収300万円時代に入ったといわれてから久しくなります。

一般的に住宅は年収の5倍基準が適正と考えられています。

しかしながらデフレ、減収が続いている現在は、ローン返済の比率は流動しており 住宅ローンと年収は知ってると思いますが、そして住宅を購入するに当たって、判断材料となる項目はいくつかあると思います。

例えば、立地条件、面積、日当たり、施設、周りの環境……それらを総合して、自分の住みたい家であるかどうかを判断する事になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dom.s334.xrea.com/x/mt-tb.cgi/172

コメントする

このブログ記事について

このページは、ecが2011年7月18日 17:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【絵】妊娠初期症状を検証してみた。妊娠と便秘」です。

次のブログ記事は「ネットエイジア調べ/小中学生の携帯電話所有に関する調査〜 ...子供の携帯電話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

アーカイブ

レイトン教授と魔神の笛をR4で

いしたろうのニュースブログ

グリーン太郎

パリ夫のブログ

ポーキーのR4

レイトン教授と魔神

爆笑問題がラジオ

毎日安全

はみおの画像掲示板

ねずおみ

リーフ太郎の冬休み