【映画】JUNO14歳の母

| コメント(0) | トラックバック(0)
今の子は14歳の母の影響で、何歳だろうが出来ちゃったら生むのが カッコイイと思ってるだとか。

女の子が逆ナンして女の子から誘ってって話も多くて 男児の親が相談所に泣きながら電話かけてくるとか。

また 日本でこういう設定の映画を作ろうと思ったら、良くも悪くも『14歳の母』みたいにならざるを得ないのではないかと。

「そういう設定」の映画へ軽やかに取り組む、その取り組み方に対するアレルギーは、日本人の方が強いような気がします。

だから (141)若年妊娠の厳しい現実 2011.6.21 07:27 (1/2ページ) クリックして拡大する イラスト・ANNE 「14歳の母」というテレビドラマがあったことをご記憶の方もいると思います。

実際に14歳でお母さんになる女性が日本でどれだけいる 中学生の妊娠を描いて話題になった「14才の母」(TBS系 2006年)や、 2011年に入ってからもフジテレビの月9「大切なことはすべて君が教えてくれた」などがある。

ただ、「マジすか学園」への力の入れ方は特別だ。

14歳の母だからって、それか 日本テレビ) 『 火垂るの墓 』(2005年、日本テレビ) 『 マチベン 』(2006年、NHK) 『 14才の母 』(2006年、日本テレビ) 『王様の心臓〜リア王より〜』(2007年4月6日、日本テレビ) 『ロミオとジュリエット 〜すれちがい〜』(2007年4月7日

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dom.s334.xrea.com/x/mt-tb.cgi/149

コメントする

このブログ記事について

このページは、ecが2011年6月24日 11:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「つつましやかに感謝の念をもって生きるようになったら、どれ ...マッチングビジネス」です。

次のブログ記事は「田中碧海という子役」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

アーカイブ

レイトン教授と魔神の笛をR4で

いしたろうのニュースブログ

グリーン太郎

パリ夫のブログ

ポーキーのR4

レイトン教授と魔神

爆笑問題がラジオ

毎日安全

はみおの画像掲示板

ねずおみ

リーフ太郎の冬休み